ブログ

2.2 改革開放の40年間を四分割

👉目次へ

1978年の文化革命の終結とともに、中国は改革開放の道を歩み出した。

改革開放の40年間は、おおよそ10年ずつのほぼ等しい期間に四分割することができる。

最初の10年間は、初期の実験と外商投資企業の基本形態の創出の時代(第1期)である。

第2期は、1992年の「南巡」から2001年の「WTO加盟」までの約10年間である(第2期)。

第3期は2001年から2012年までの、北京オリンピック(2008年)を間に挟む、約10年間である(第3期)。

第4期は、2013年以降、習近平政権が始まってから、現在までである(第4期)。

この間、中国の投資環境や外商投資政策に大きな変化があった。本章および第4章から第6章までの各章はそれぞれ、これら4つの期間に対応する。

👉第1期 第2期 第3期 第4期

関連記事

  1. 6.9 米国による(g)’強制技術移転に対する批判と規制の変更
  2. 5.1 WTO加盟後の内資企業による平等待遇の要求
  3. 4.4 (b)’外国資本規制のガイドライン規定
  4. 5.9 保護主義の台頭
  5. 12.2 中外合弁経営企業法と会社法の違い
  6. 3.4.5 (e)’外貨送金
  7. 10.7 SCSが実際にどのように作用するか
  8. 5.2(a)優遇税制の終焉
PAGE TOP