ブログ

3.4.1.2 (a-2)’の外為均衡要求

👉目次へ

これは、外為の収支を均衡させることを要求するものである。

制定時の中外合弁経営企業法実施条例(第75条)には、「合弁会社の外為収支は概ね均衡を保たなければならない」と規定されていた。

制定時の外商独資企業法(第18条第3項)は以下のように規定していた:

外資企業は、自らの外為収支を均衡させなければならない。外資企業の製品が、関係当局の承認を得て中国市場で販売され、それにより企業の外為収支の不均衡がもたらされる場合には、中国市場での販売を承認した当局は、それを解決する責任を負う。

制定時の中外合作経営企業法(第20条)は以下のように規定していた:

合弁企業は、その外為の収支の均衡を自ら解決しなければならない。合弁会社が、その外国為替の均衡を自ら解決することができない場合には、当該合弁会社は、国の規定に従い関係当局に援助を求めることができる。

関連記事

  1. 5.7 (d)’の投注差に関する規制のさらなる複雑化
  2. 9.2 外商投資法のもとでの外商投資企業の組織形態(外商投資法第…
  3. 3.4.1.3 (a-3)’ の輸出実績の要求
  4. 12.3 会社法に従い調整を要する事項
  5. 12.4 定款変更
  6. 3.4 各制限策の内容
  7. 12.4.2 董事の数の配分と選任
  8. 3.4.8 (h)’合同年次検査/合同年報
PAGE TOP