ブログ

4.1 鄧小平の「南巡」

👉目次へ

1992年、中国が改革開放の道を歩み続けられるかどうか、まだ世界が確信を持てずにいたとき、鄧小平は深センから「南巡」を開始し、そこで「金持ちになることは素晴らしい」と宣言し、地元当局に国の発展のために働くよう激励した。その後、コストと工場を巡って開発ゾーンを訪れた。この鄧小平の見事な動きはうまくいき、中国の1990年代の急成長が始まった。この間、立法活動は大幅に増加した[1]

1990年代の傑出した基本な制定法の例としては、1991年の外商投資企業所得税法、会社法(1993年)、契約法[合同法](1999年)がある。

中国の急成長する1990年代におけるこれらの法律の制定は、中国のWTO加盟への道を開いた。中国は2001年12月21日に正式にWTOの加盟国になった。


[1] (Mahony) 12-4

関連記事

  1. 3.4.1 (a)’の実績要求
  2. 3.4.4 (d)’ 投注差
  3. 8.3 強制技術移転の禁止(外商投資法第22条)
  4. 5.7 (d)’の投注差に関する規制のさらなる複雑化
  5. 10.5 制約および懲戒の手段
  6. 第9章 投資管理(外商投資法第4章)
  7. 第5章 第3期:「ハイレベルな開放と保護主義」
  8. 12.2 中外合弁経営企業法と会社法の違い
PAGE TOP