ブログ

5.9 保護主義の台頭

👉目次へ

第三期の間には、保護主義の台頭みられた。

Julia Ya Qin教授によると、この期間中:

中国では、数十年にわたる改革開放で、国内の利益よりも外国の利益が優遇されているという認識が高まっていた。批判する者は、外国投資家が有名ブランドの中国企業を買収したり、価値のある中国の資産を格安価格で取得したりして、それが外国による産業支配や国内ブランドの消滅につながったと警告を発した。彼らはまた、外国からの投資は、中国への重要な技術移転をもたらさず、むしろ中国国内のリソースは研究開発でなく低級の製造分野に振り向けられたと非難した。

これらの懸念に一部対応して、中国政府は外商投資政策を再調整し始めた[1]


[1] (秦) 277-8

関連記事

  1. 5.6 (c)’会社の設立と変更の厳格な手続に関する改革
  2. 8.3 強制技術移転の禁止(外商投資法第22条)
  3. 12.3 会社法に従い調整を要する事項
  4. 第7章 外商投資法の制定
  5. 参照文献
  6. 3.4.9 (i)’ 補助金の付与による国有企業の競争優位性
  7. 8.4 合法性審査と公平競争審査(外商投資法第24条)
  8. 6.6 (e)’外貨送金の規制緩和
PAGE TOP