ブログ

6.1 習近平政権による戦略的な全面開放の決定

👉目次へ

習近平政権はその発足直後の2013年、全面的な開放の戦略的決定を下した。

それ以来、中国は長年受け入れられてきた外国投資制度の支柱を根本的に変えるような外商投資へのアプローチを試みてきた。このような実験は、上海自由貿易試験区(SPFTZ)という名の特別なゾーンへの直接投資の参入に関するパイロット政策から始まった。

関連記事

  1. 5.5 (b-1)’ VIE 問題に対する政府機関の慎重化
  2. 3.4.4 (d)’ 投注差
  3. 12.5.1 外商投資法 準拠 合弁契約
  4. 3.2.3 (c) 輸出入権
  5. 3.3 制限策
  6. 4.5 WTO議定書による(g)’強制技術移転停止の要求
  7. 5.9 保護主義の台頭
  8. 中国の新しい外商投資法 目 次
PAGE TOP