ブログ

6.5 (d) 登録資本の引受(払込済資本に対して)が内資企業にとっても原則に

👉目次へ

3.2.4でみたように、会社法のもと、当初、内資の有限責任会社の資本金は、会社登録機関に登録された全株主の払込済資本のことであった。

2014に、会社法第26条は以下のように修正された:

有限責任会社の登録資本金は、会社登記機関に登記した全株主の引き受けた出資額とする。

法律、行政法規および国務院の決定に有限責任会社の登録資本の実際の払込、登録資本最低限度額について別段の規定がある場合は、その規定に従う。

この改定により、外資三法、会社法のすべてにおいて、登録資本金制度が採用されるようになり、この点で大きな差はなくなったと言える。

👉3.2.4

関連記事

  1. 12.3 会社法に従い調整を要する事項
  2. 11.3 国際違法行為に対する国家責任条文草案
  3. 6.6 (e)’外貨送金の規制緩和
  4. 5.7 (d)’の投注差に関する規制のさらなる複雑化
  5. 第4章 第2期:「急速な発展」
  6. 第2章 なぜ、中国で「二重システムモデル」が採用されたのか
  7. 第11章 対抗措置条項(外商投資法第40条)
  8. 12.5.1 外商投資法 準拠 合弁契約
PAGE TOP